ご挨拶

 

1 設立趣旨

 

今の日本の私たちの、物に溢れた現状には目を覆いたくなるものがあります。たまたま、コートジボワールの人たちの生活を目にする機会があり、私たちの生活との格差に驚くばかりです。

支援を含め交流することにより、物質的なことだけではなくて、心の交流を大事にしたいものです。自分達の生活を見つめ直すとともに、両国の子ども達にとっても良好な関係作りができたらと、設立を決意しました。

 

 

2 申請に至るまでの経過

 

平成20年4月にコートジボワールに行き、その報告会を7月に行いました。その後もいろんな機会に、現地の状況を皆さんに紹介しました。なにかコートジボワールの人たちのためにできないかとの声に、現地では靴が貴重品であり、日本にあまっている靴を送る活動を始めることにしました。多くの団体や個人の方から賛同いただけ、たくさんの靴が集まるようになりました。

また、日本に住んでいるコートジボワールの人たちが、年末年始を岐阜で過ごして、日本の子ども達とサッカーを通じて交流していることにも、支援を始めました。

これらのことをきっかけに、日本とコートジボワールの交流が、活発になってまいりました。

 

                          

                                代表者杉  山  利  夫

     

 

こどもたちに靴を

Press release